通販サイトでアフターピルを安全に購入するには

アフターピルはピンチ避妊薬と呼ばれる、望まない妊娠を除けるために服用する薬だ。

 

「コンドームが破損した」、「避妊しなかった」ので使用する人が多いですが、中には、「レイプされた」という深刻な理由で使用する人もいらっしゃる。

 

アフターピルの知名度は3自身に1自身というそれほど厳しくありません。国内の人工中絶の個数は日々20万人前後で推移していらっしゃる。アフターピルの側が尚更バレるようになれば、人工中絶というつらい調べをする自身が減っていくかもしれません。

 

アフターピルは医師の処方箋が必要な薬だ。トランスポーテーション機種の人べ法のプラノバールやドオルトンの他、2011時世に販売が開始されたレノルボ錠があります。

 

人べ法の薬は吐き気や嘔吐などの副作用が出やすいと言われています。一方レノルボ錠は吐き気や嘔吐など副作用が非常に少ないとされています。医師の処方箋を受け、人べ法は5000円~8000円、レノルボ錠は15000円程度で購入できます。保険の一致はありません。

 

アフターピルは通販で購入することもできます。通販で購入する場合は海外輸入節度となります。とある海外医薬品の自分輸入代理人のウェブでは、「アイピル」「アンウォンテッド72」というアフターピルを扱っていました。アイピルもアンウォンテッド72もノルレボ錠のジェネリック医薬品だ。

 

アイピルは1350円、アンウォンテッド72は1140円と非常に安価に購入できます。医薬品の自分輸入代理人アフターサービスは医薬品の商いではなく、自分による輸入の代理人アフターサービスになります。

 

薬事法では極秘理由に以上輸入が認められています。但し、自分輸入医薬品の飲用抑止はクライアントの自己責任となります。

 

アフターピルスタートへ